検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創設88年 関大応援団に初の留学生 特注学ランで「フレー」(産経新聞)

2010.06.16
 創設88年の歴史がある関西大学応援団リーダー部に今春、初めて留学生の部員が誕生した。米・ミズーリ大のトマス・チャンセラーさん(21)。厳しい上下関係や学ランなど硬派な風習に「カッコイイ」と、“一目惚(ぼ)れ”して入部を決意。先輩の指導を受けながら連日、厳しい練習に励んでいる。

 チャンセラーさんは昨年9月、交換留学生として関西大に入学。今年4月、学内の式典でリーダー部の応援を見て、すぐに入部を申し込んだ。「アメリカにはない。ちょっとびっくりしたけど、絶対にやってみたいと思った」

 規律や礼儀を尊ぶ応援団。部員の間では、外国人に理解してもらえるか不安もあったが、チャンセラーさんの熱意に動かされ、部の基本精神を示した文章を英訳するなどして歓迎した。

 先輩に大きな声であいさつしたり、真夏でも学ランを着用したりするが、「あいさつは(日本で住んでいる)寮生活でもやっていること。先輩が後輩を熱心に指導してくれることに感動した」と話す。

 応援に欠かせない校歌や応援歌など計8曲の歌詞は、iPodで繰り返し聴いて覚えた。毎日昼休みに行われる練習では、振り付けのほか、ダッシュや筋肉トレーニングも欠かせない。

 辞めていく部員もいるが、団長の森山佳広さん(21)は「とてもまじめで、他の1回生よりも覚えが早いくらい」と感心する。

 身長約185センチ、体重約130キロと大きな体。「大好き」という学ランは、同じ体形の4回生に特注品を借りたが、先輩から「帰国まで頑張れたらプレゼントする」と言われているという。

 17日からはライバル・関西学院大と野球など35種目を競う恒例の「関関戦」が始まる。「選手たちと一緒に頑張りたい」とチャンセラーさん。8月に帰国する予定だが、「リーダー部は大きな家族。日本でファミリーができてうれしい」と話している。

<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
<東京メトロ>東西線一時運転見合わせ 電車から煙 葛西駅(毎日新聞)
<宮内庁>秋の自然観察会の募集要項発表(毎日新聞)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。