検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閣僚の首相擁護発言相次ぐ…「5月決着」断念(読売新聞)

2010.05.20
 鳩山首相が13日に普天間移設を巡る調整を6月も続ける考えを示し、「5月決着」を事実上、断念したことについて、閣僚から14日、首相を擁護する声が相次いだ。

 仙谷国家戦略相は閣議後の記者会見で、「こちらがいかに誠意を尽くし、問題提起しても、相手がある話は期限設定になじまない。(首相)本人が『(5月決着は)努力目標でやればいい』と言えばいい」と述べた。枝野行政刷新相も「5月31日を超えたからと言って、一定のプロセスを経ていることが白紙に戻ることはあり得ない」と語った。

 前原国土交通相は「できるだけ多くの方々に理解をいただくには、5月を超えてもお願いを続けることが大事だ」と述べた。ただ、「すべての話が継続しているのは決着とは言わない」とも語り、最低限、米国の同意は5月中に取り付ける必要があると指摘した。

【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き~公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
報道適切なら国民も理解=内閣支持率下落に菅副総理(時事通信)
「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
公務員法案が可決=自・み、委員長解任案提出へ-衆院内閣委(時事通信)
終盤国会は剣が峰 小沢氏再聴取、野党が集中砲火 延長なら参院選先送り(産経新聞)
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。